馬印青梅情報 2005年 3号
2005年5月10日
中日本氷糖株式会社 営業部

 「馬印の氷砂糖」の販売につきまして、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げ  ます。
 5月の大型連休も終わり、青梅の出荷もいよいよ二週間後ぐらいと間近にせまってまいり ました。今回は5月6日に和歌山県南部地区を視察してまいりましたので、その作柄状況についてお知らせ申し上げます。また、氷糖出荷につきましては、青梅の出回りに合わせ   万全の準備を致しておりますが、ご注文の集中が予想されるため、お早めの指図をお願い 申し上げます。

和歌山県南部地区    

 春先の低温と4月の雨不足の影響で、生育は一週間程遅れており、現在2〜2.5cmと例年よりやや小さめの実を付けています。4月28日の着果調査の結果、全体平均では前年比90%ですが、地域により前年比60〜140%とかなり大きなばらつきがあります。また、同地域でありながら園、樹体間によってもばらつきが見られます。これは昨秋の台風で風雨にさらされ、部分的に花芽の付きが少なかったためだそうです。数年前によく見られた立枯れはなくなり、新植された木は実を付けるまでに生長しています。心配された病虫害の発生はなく、5月10日頃には最後の消毒散布が行われる予定です。
 作柄は、今後の気象条件、生理落下の程度、果実肥大状況によって変動する可能性がありますが、昨年をやや下回りそうです。出荷時期は多少遅れ、5月25日頃からスタートし、主力の南高は6月中旬がピークになると思われます。
 価格は農協による出荷期間中の平均化指導とともに、さすがの紀州梅も買い手主導の価格設定を余儀なくされ、お手頃価格が期待されます。また、伸長著しかった梅干の需要もそろそろかげりが見え始め、中国産梅干の販売が芳しくないとのことで、氷糖業界にとっては追風となりそうです。

和歌山県南部 (今年)2005年5月6日撮影

 

和歌山県南部 (去年)2004年5月7日撮影


群馬県三郷地区

和歌山県同様、一週間遅れの生育状況で、現在のところ病虫害等の被害はありません。 実付に弱冠のばらつきが見られるものの、作柄は平年並みを想定しています。出荷開始は 6月5日頃までずれ込みそうです。

福井県三方地区

3月の開花時期にどか雪が降り、受粉に影響を及ぼしました。実付がまばらで、作柄は昨年を下回りそうです。今後の生育状況が気になります。

完熟梅シロップを作ってみませんか

 梅シロップ作りは青梅と思われがちですが完熟梅でもできます。梅シロップは3週間ででき上がりますので、  5月末の青梅でシャッキリ感を、6月中下旬の完熟梅で香り豊かなまろやかな味をお楽しみ下さい。


梅酒・梅シロップ講習会(毎日新聞共催)開催日

5月29日(日)大阪/5月30日(月)名古屋/6月 5日(日)東京

6月 8日(水)横浜/6月10日(金)仙台/6月13日(月)札幌

梅シロップ教室・マネキン試飲

5月28日(土)〜6月19日(日) 全国各地の量販店で実施

 

ホームページのご案内   〔パソコン用〕 http://www.nakahyo.co.jp/

                 〔携帯用〕   http://www.nakahyo.co.jp/i/

 弊社ホームページ(パソコン用)にて、南濃梅園の生育状況を二週間毎にお知らせしています。ぜひ一度アクセスして頂き、氷糖販売のご参考にして頂ければ幸いです。
本年も引き続き梅酒、梅シロップのPRを積極的に行い、消費の拡大につなげていきたいと考えています。何卒、従来にも増して「馬印の氷砂糖」のご愛顧をお願い申し上げます。                            

      「南濃梅園」(今年)平成17年5月10日撮影

←QRコード          携帯電話のバーコードリーダーで      読み取って下さい。

    「南濃梅園」(去年)平成16年5月10日撮影

 

中日本氷糖株式会社  地図
〒454-8518 愛知県名古屋市中川区玉川町1−1