馬印青梅情報 2003年 2号
2003年4月11日
中日本氷糖株式会社 営業部

 馬印の氷砂糖」の販売につきまして、平素より格別のご高配を賜わり、厚く御礼申し上げます。

 エルニーニョ現象の影響も薄らぎ、桜前線は昨年より10日程遅れの満開となりました。氷砂糖の商戦もたけなわに入り、4月後半からの本格的な出荷に向けて、需要増が見込まれるロックを中心に順調に生産を進めております。

  昨年12月〜今年3月は降雨が例年の2倍と多く、1月中旬頃まで気温の高い日が続き、末頃からは例年の気温になりました。皆様より梅の作柄状況について多くのお問い合わせを頂いておりますが、4月9〜10日に和歌山南部川地区へ視察に行って参りましたので、ご報告申し上げます。梅酒・梅シロップ用氷糖ご販売の参考にして頂ければと願っております。

  紀南地区 南部川地区
小梅 5/15
 〜17 
5/20
 〜23
古城 5/17
 〜20
5/23
 〜25
南高 5/25
 〜26
5/28
〜6/1
平成15年4月9日撮影

和歌山南部川地区
 

 南部川梅研究センター卯辰所長様の
お話です。
㈰ 昨年の青梅出荷は30%程でしたが、今年は消費拡大のため、さらに青梅での出荷を優先します。
㈪ 2月の気温の変化が激しく、開花以降に時々気温の低い日があったため、着果率が 例年より少し低い。
㈫ 着果数の少ない年は実の生育が順調で、実が大きくなります。5〜6月の雨量次第で、大幅な出荷増が期待できます。
㈬ 加工梅の在庫が多く、中国産梅の品質もアップしています。
㈭ 青梅出荷のスタート予想 り好評をいただいております。今年は2月12日に4社PR会議を実施する予定です。

群馬三郷地区
  群馬三郷地区の梅の開花は昨年より15日程遅く、3月下旬に満開となりました。受粉も順調に進み、4月10日に第一回目の消毒を行っています。現在のところ、平年型で推移しています。 農家には梅干用の大型加工設備がなく、加工用としてはカリカリ梅を作り販売しています。今年もその在庫が多いため、青梅の出荷が一層増加すると予想されます。

青梅の価格予想
㈰ 和歌山県農協は量販店に安定価格で大量販売、南高梅2Lサイズkg当り880〜680円で量販店の特売値となる予想です。
㈪ 大手梅酒メーカーは和歌山産青梅も使用していますが、中国産果汁の輸入品の使用が年々増加しているそうです。
㈫ 平成13年から、中国産南高梅を塩漬にした加工用原料、ゼリーに使用する梅の実が、共にkg当り200〜250円で輸入されています。又、国内の梅干加工メーカーが、中国での梅干加工生産を本格的に開始したようです。
㈬ 群馬県農家の平成14年度の青梅出荷手取り値はkg当り200円が中心でした。

大手量販店シーズン価格は前年並
  砂糖糖価が昨年と大差ない環境の中で、販売大手の量販店特売値も前年並みのロックkg当り378〜358円、クリスタルkg当り358〜338円での商談をほぼ終えました。各客先へも商談をお進め頂いていると存じますが、「馬印青梅情報」をタイミング良くご参考にして頂きます様お願い申し上げます。

青梅地区別収穫量(トン)

  H10年 H11年 H12年 H13年 H14年
和歌山 48,600 60,500 66,800 66,400 64,500
群馬 9,660 10,000 9,130 10,600 8,200
徳島 2,260 3,210 3,300 3,220 1,880
福井 1,990 2,450 2,150 3,120 3,180
大分 1,080 1,470 1,500 1,440 不明
その他 32,010 41,470 38,320 38,920 34,940
合計 95,600 119,100 121,200 123,700 112700

和歌山県年次別販売実績

弊社南濃梅園
  昨年より10日程生育が遅くなっています。 花の時期に強風の日が多く実の付が悪いです。
<昨年>
平成14年4月12日撮影
<今年>
平成15年4月10日撮影
 

中日本氷糖株式会社  地図
〒454-8518 愛知県名古屋市中川区玉川町1−1